橤橤

気にしなくていいことは、気にしないルールだよ

モンダミンの海

‪無印の小ぶりのブラをつけて漂いたい‬
強力な口臭を抑制するような
モンダミンのピンクの透き通った液体の中

 

爪と爪のあいだ 太陽のにおいして
裸足をぺたんとつけている
土のにおいが舞い上がって
強烈に生を感じ噎せ返る

 

私の肌はピンクでパンツもみんなピンク
きみは小麦色によく焼けてシミだらけ
シミがわからないくらいシミだらけのカラッとした乾燥した肌で私の肌を撫で続ける
摩擦で皮膚がめくれあがるかと思った
たしかきみは私の肌にしか興味がなかったね

 

きみといるとき息が出来なくなる
世界が違いすぎるなーとかあーとか思ってるうちに
酸欠になって今すぐ飛び降りたくなtte


モンダミンの海に
モンダミンの海で溺れる