橤橤

気にしなくていいことは、気にしないルールだよ

ボランティアみたいな恋をしていた

全人類を愛しているから

個人を特に特別に想えない

愛着を感じないようにしてなるべく生きて

愛着を大切にしている人に出会うと

ほっとして熱くなっていた

いつも自分は違う気がする

誰かに対して酷いことしたい不幸にしたい感情も

下に見る感情もぜんぶ全部私

全て分からなければいけないとおもっていた

棘がない丸い人間にならなくてはいけないと思って

頑張ってきたけど

もう違うことでショックを受けなくなってきたし

これが私なんだ

出会うキャラクターに物語性を求めるようなくだらないことはやめてしまおう

みんななにかになりたい人なのかも

名前を与えられたり役割を与えられたり

自分の思い通りの自分を演じたい

もうそういうの通り越してしまった

わたしはいつでもどこまでもシンプルでわたしらしいわたしがいい